2020年4月 2日 (木)

学習経験、ありませんか?

 保護者の皆さん、受験勉強をした時、朝日新聞の天声人語や社説の
書き写し学習をしことが、ありませんか?

 私も、受験勉強した時、読解力を付けるため、社説の書き写しを
しました。この作業を通じて、文章が体に染み込んできて、問題が
簡単に感じた体験があります。

 朝日新聞OBの高山記者さんから、「NISジュニア記者クラブの体験
を通じて、作文力が高まった子どもさんたちに、力を維持していく
ために出来る事は何か?」という質問をした時に、進められたのが
書き写し学習でした。

 書き写し学習の効能については、昔から良く語られてきました。
作文力の基礎は、社会への関心・興味や良い文章を身に付ける事
です。教材としての新聞の価値は、とても高いと思います。

 コロナウイルスで家庭にいる子どもたちへ、ぜひ進めてください。
1人では、嫌がっている書き写し学習でも、お友達と一緒なら喜んで
取り組んでくれます。

 保護者の良い体験を、子どもたちに伝えてください。

|

2020年1月26日 (日)

「調べ学習」をしています!(書き写し学習応用編)

 日頃、新聞を読んで学習している「てんてんくらぶ」メンバーが、話し合いでテーマを決め、
ネットや書籍で調べ、新聞の形式で学んだことを発表しています。伝える喜びを体験しています。

 オリンピックをテーマにしている教室では、先生が音読した内容を聞き取って、
基本情報に応えたり、普段とは違う学習を楽しんでいます。

 「てんてんくらぶ」では、新聞を読んで、社会への興味・関心を育ててきました。
その中で、子どもたちの提案で「調べ学習」が始まりました。冬頃を限定して、応用学習を
していきます。

 作文教室「てんてんくらぶ」は、新聞を活用して、読解力・表現力・思考力を育んでいます。

|

2019年12月 3日 (火)

書き写し学習は簡単?でも難しい!

 2021年大学入試試験から、国語の文章量が従来の1.5倍に上昇。
選択型から記述型へ大きく変わり、世間で、大きな話題になりました。
文章力を身に着けるには、朝日新聞の天声人語や社説の書き写しが
良い、と言われ多くの方々が体験したことと思います。
 書き写し学習の大変なことは、
1 子どもたちがその気になること。
  → 子どもが自分で新聞の中から記事を選びます(ゆっくり待ちます)

2 記事を声を出して、読み上げる事
  → 息継ぎが出来ずに苦労している子が多い
    難しい言葉や漢字でつまずきやすい

3 内容を理解することに一苦労
  → 5W1Hに分解したり、解説をしたりして、興味・関心を育みます

4 誤字、脱字をしないように、文章の書き写し。
  → 集中力が途切れないように励まします。

 出来上がった作品は、我慢と学習の成果です。保護者の褒め言葉が
一番子どものやる気を育みます。新聞の文章は、他者に伝わりやすい
日本語です。だから、学習する価値あるテキストです。
 私たちは、新聞記者の体験教室で日本一になった新聞店です。
だから、新聞記事の書き写し学習の良さを実感し、子どもたちの可能性を
信じ、子どもと一緒に学んでいます。
 作文嫌いに悩まず、子どもたちに良い体験を重ねるように学習環境を
整えてください。NISがお手伝いします。
 → 無料体験学習を実施中です。メールで連絡ください。

|

2019年10月12日 (土)

台風19号直撃による朝刊配達時間変更について

 大型の台風19号が関東地方に接近中です。
今後、大きな影響が出てくることが予想されます。
深刻な被害がでないよう、祈るばかりです。

 つきましては、明日朝の朝刊配達の時間を変更させていただくこととなりました。
安全確認等を行った上で、午前5時より配達開始とさせていただきます。
地区によりましては、お届け時間が午前11時過ぎとなる地域もございます。
ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

なお、明日は電話でのお問い合わせを15:00まで受け付けております。

 

 

|

2019年8月15日 (木)

キッザニア東京と朝日新聞社の関わりについて

 キッザニア東京が、メキシコから東京へ進出した時、街には新聞社が必要、と
各新聞社へ打診しましたが、断られ、最後に朝日新聞社でOKが出た、と言われています。
 現在、キッザニアでは、唯一の新聞社として、朝日新聞社が関わっています。
2019年9月26日(木)、17時から朝日新聞社が借り切って、こどもたちを招待
しました。

 当社では、「てんてんくらぶ」の新規会員になっていただいたご家族、先着4家族様を
貸し切りDAYに招待します。朝日新聞社独自の企画と通常のアトラクションも利用できます。
作文力と読解力が身に付く「てんてんくらぶ」へ参加して、キッザニア東京で「仕事体験」
をご家族で楽しみませんか? (対象=白井市or小室町在住)
201908311 20190830a4
 詳しくは、当社ホームページ「てんてんくらぶ通信」でご覧ください。

|

2019年7月29日 (月)

7/27 ワーキングキッズアドベンチャーのキッズ記者、「新聞」つくりました。

 7月27日(土)にワーキングキッズアドベンチャーが開催されました。
日本初、白井市の地元企業が集まって、子どもたちの仕事体験会です。
200人ほどの子どもたちが集まり、楽しみました。
 当社のブースでは、「新聞記者の仕事体験」を実施、10人のキッズ
記者が、挑戦してくれました。「新聞」を、当社ホームページの「ASA
子ども元気塾」の≪ASA子ども元気塾のブログ≫をクリックして、ご覧
ください。

|

2019年7月23日 (火)

7/21 渡辺先生の講座で学びました①

  渡辺先生の講演から、私なりの理解でポイントをまとめました。
① 世界や社会の大きな変化、大学の質の向上、企業の雇用変化から
  「教育改革」が始まっている

② ≪ 学力の3要素 ≫とは、
  「知識・技能の習得」+「思考力・判断力・表現力」+
              「主体的に学習に取り組むたいっど」
 現学習指導要領の理想と現実の不一致から、「大学入試選抜の改革」へ

③ 「大学入試共通テスト」の特徴は、
 「現センター試験」+「思考力・判断力・表現力」
   ○ 文章・ズ・資料等複数提示 →多様な情報の理解や問題発見
   ○ 数学と国語で記述式問題、数式などの記述
   ○ 「リーディング」+「リスニング」の同配点

④ 「OECD生徒の学習到達度調査(PISA型学力」で日本の生徒たちの
   学力低下
    →2007年から「全国学力・学習状況調査」43年ぶり復活
    ●正答率上位(2018年)
  1位石川健、2位秋田県、3位福井県、4位富山県、34位千葉県
 
 (次回へ)

|

2019年7月13日 (土)

新しい学習、思考力を磨く教育とは、何ですか?

 今、始まっている思考力を磨く学習。保護者世代では、経験していない
新しい学習が、学校で始まっています。
 これからの子どもの学力は、お母さんの力が90%を占めている、と
言われています。
 「2019夏 NIS新聞学習フェア」の渡辺先生の教育講演会に参加し
内容を確認してみませんか。 NISホームページ「イベント」から申込が、
可能です。将来の大学入試への準備を、今から始めませんか。

|

2019年7月 2日 (火)

新聞スクラップ・コンクールに参加しませんか?

 2019年夏、新聞を読んで、どんな社会になれば幸せに
なれるのか、考えてみませんか?
 7月は参院選挙です。日本が揺れる時期を朝日新聞を
読んで、考えて、気になる記事をスクラップしましょう
 大事なことは2つ。
 1 スクラップ・コンクールへの参加申し込み
   スクラップノートがもらえる。(特典)
 2 朝日新聞の申込→教育体験コースプラン@2680
   毎週木曜日~翌週月曜日、週5日配達の料金プラン。
   スクラップコンクール参加者だけの料金プラン。
   白井市・船橋市小室町在住者限定。
 後は、気になる記事を探して、スクラップをするだけ。
ノートに記載するのは、
 ①記事を選んだ理由
 ②記事の要旨をまとめる
 ③感想をまとめる
 ④関連記事や調べたことをまとめる

 7月25日~8月4日、8月7日までに当社までお届け。
誰でも参加可能。参加賞あり。

|

2019年6月30日 (日)

「NIS新聞学習フェア 2019年夏」への参加者、募集します。

 エヌアイエスが中心になって提供している、「新聞活用の学習」を
体験できる「学びの会」です。
 2020教育改革では、「新聞」を作ったり、「新聞」を読むことで
広く社会への好奇心を育ことを勧めています。このような変化を受けて
様々な学習体験の場を小学生に提供して、楽しく、誰もが、新聞記事に
ふれ、考えるという学びの体験をお届けしています。
 日本で唯一、実施している「NISジュニア記者クラブ」での実践体験
から生まれた企画でもあります。社会への好奇心は「学ぶ心」を育みます。
カリスマ教育ママの佐藤さんも、新聞の効果を伝えています。今年は、
千葉県で講演会が開かれています。(柏市でも開催予定あり)
 「NIS新聞学習フェア」は3日に分かれて、開催されます。参加費は
子どもたちの「好奇心」のみ。(金銭は0円)詳細は「イベント情報」
のページをご覧ください。
 教育界は、日本の歴史始まって以来の大改革に揺れています。保護者
の皆さんの過去体験が活用できないほどの改革とも言われています。
生徒指導で定評のある渡辺正雄先生の講演会では、保護者の皆さんが、
どのように、この変化に対応していったら良いのか、示唆に富んだ話を
聞くことができます。お子さんは、学習体験。保護者は講演会。一緒に
学びませんか?
 どなたでも、参加できます。子どもたちの未来のために、一緒に考え
ませんか?

|

«NISジュニア記者クラブ、開校式&第1回講座を開催。