« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

1日新聞記者体験教室 に参加しよう

 朝日新聞社の元山形総局長を務められた高山さんが、「1日新聞記者体験教室」に参加

した子どもたちの原稿をっ作成指導をしてくださいます。

 10月24日(土)の「白井ふる里祭り」の会場を舞台にして、講義・取材・原稿書きという

一連の流れで、「新聞記者の仕事体験」をして、「新聞」を作る体験型学習イベントです。

当日は8時45分に集合し、高山さんから「取材の仕方」や「写真の撮り方」、「原稿書きの

注意点を聞き、市長や商工会会長へのインタビューから取材開始です。自分が、興味を

持ったブースを選び、インタビューして取材をします。今年で9回目、会場内では、「朝日

新聞」の腕章と記者証を付けた豆記者が、来てくれることを楽しみにしてくれています。

作成した「新聞」は、翌日、祭り会場内に掲示して、市民の皆さんに、披露します。

参加対象者は小・中学生の方、10名です。「新聞記者の仕事体験」を通じて、「作文力」も

向上し、社会への興味・関心も高まり、学習意欲も高まります。まず、「やってみた~い!」

と思う小・学生、大歓迎です。




|

2015年9月14日 (月)

「書き写し」と体験学習が一つになって作文力 UP!

エヌアイエスは、「新聞記者体験教室」を8年間実施してきました。

「伝えたいという思い」 と 「良い文章が書けたという体験」が、一つになると

文章を書く感性の「飛躍」がおきて、文章力が上達します。

まず、新聞記者体験教室に参加して、体験してください。

 「書く力」の基礎トレーニングと「感性の飛躍体験」を一つにした「てんてんくらぶ」へ

参加しませんか? まず、お試しキャンペーンに参加して「体験」してください。

申込は、「てんてんくらぶ」のホームページから。

http://asa-nis.com/tenten/

|

作文の苦手な人は「新聞記者体験」でトレーニングを!

 エヌアイエスの「子ども元気塾」で、2つ学習型イベントを用意しています。

1. 「キッズプレス in 鹿島アントラーズ」  親子20組 受付中

   鹿島アントラーズの選手にインタビュ―して、新聞を作成します。

   その後、親子で試合観戦に招待。朝日学生新聞社主催イベントです。

 ●10月17日(土)12時集合、対象- 朝日小学生新聞の購読者又は予約読者の親子

   ●場所=カシマスタジアム (茨城県 鹿島)にて 現地集合、現地解散

2, 「新聞記者体験 in 白井市ふるさとまつり」  先着15名 受付中

  白井ふるさと祭りの様子や出店しているブースを取材して、新聞をつくります。

  作成した原稿は、講師の新聞記者から指導を受けます。

  新聞記者の仕事体験から、取材や原稿作成を体験して、「書く力」を身に着ける

  体験型学習イベント。上記のインタビュー体験から1つ上の体験学習です。

  ●10月24日(土) 8時45分から 14時まで。 新聞渡しは、翌日。
  ●「新聞記者体験」に興味・関心のある小中学生。 主催:エヌアイエス

  ●講師~ 朝日新聞社社友 髙山修一 (元 山形総局長)


 上記2つの体験型学習の参加費は、無料。

 「てんてんくらぶ」の会員は、優先的に参加できます。

|

「書く力」は、将来のプレプレゼンテーション能力へ

「書く力」は、「書き写し」という基礎トレーニングで高まります。古今の作家を目指す人は、

手本とする文章を書き写して、身に着けました。新聞記事の文章は、実用日本語の手本と

言われています。だから、言葉の学習として、「新聞」が「教材」としてふさわしいのです。

「てんてんくらぶ」は、将来、大人になると一番求められる「プレゼンテーション能力」を

育成するトレーニングになります。お子様の生きる力になります。

|

2015年9月 1日 (火)

書籍の配達、ご存知ですか?

朝日新聞出版の書籍を紹介したチラシが、毎月、新聞に折り込まれています。

朝日新聞出版の取り扱い「書籍」は、
  ① 注文日から3日以内でおお届けします。
  ② 代金は、毎月の集金又は、口座引き落としで新聞代と一緒になります。
   ③ 店着した「書籍」は、夕刊配達時にお届けします
   手渡し、又はポストに入れます。公団のお客様には、玄関ドアまで届けます。
  ④】『ハッピー倶楽部会員』の特典として、8%の割引サービスが受けられます。
  ⑤AERA 、 週刊朝日 は、書店ルートより1日早く、お届けします。

 便利な書籍配達をご利用ください。

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »