« 就活で苦労する若者が増えている~書くことが苦手?! | トップページ | 雪が降って、ビックリ! »

2016年10月26日 (水)

全国学力テストで千葉県は全国平均並み

全国学力テストの結果が、9月29日に公表された。学力テストの特徴は、基礎力を見「知識(A問題)」と資料を読み解く能力など問う「活用(B問題)」の二本立てとなっていること。

B問題は経済協力開発機構(OECD)が世界の15歳を対象に実施する学習到達度調査(PISA)を意識した問題になっている。社会に出た時の問題解決能力に力点を置いた調査になっている。(東京新聞より引用)
 A問題は良く、B問題は低い結果になった。指摘されたことの改善に求められていることは語彙力を高めるための読書や新聞を読むことだった。
 特徴的なのは国語で「引用」の言葉の意味が分からず不正解が目立った。
  (10月23日 教育フォーラムでの講演より)
 千葉県は平均並みとのことながら、「新聞」に関わる一人として、子どもたちへの新聞購読を広げる必要性を痛感しました。
  10月より「てんてんくらぶ」の学習室を有料化したのは、現在、推進されている「アクティブラーニング」に沿った内容をさらに効果的にするためでした。
 学校や塾とも違う「書くことを職業とするプロ」の人たちの知恵を活用した学習の場を提案したいと思っています。考える力を身に着けるだけでなくNISの学習イベントで引き上げることを中心に考えています。
 たとえば、2年3年と連続で「新聞記者体験教室」に参加している子どもたちは、文章力の成長がはっきり出ています。指導した記者からも感想として出ていました。
 家庭学習で学習の自主性を育て、社会人になった時に必要とされる「主体性」の発揮をしっかり、小学生低学年で身に着けることが大事ではないか、と考えます。

|

« 就活で苦労する若者が増えている~書くことが苦手?! | トップページ | 雪が降って、ビックリ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585985/64400695

この記事へのトラックバック一覧です: 全国学力テストで千葉県は全国平均並み:

« 就活で苦労する若者が増えている~書くことが苦手?! | トップページ | 雪が降って、ビックリ! »