« 2020年9月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月15日 (月)

2021年3月28日、てんてん説明会を開催

 春の新学期シーズンを迎えて、子どもたちの学力が気になる時期になりました。
計算力を高める学習は、塾に任せれば安心です。

 でも、文章理解力や作文などの表現力を鍛えるには、保護者の力添えが必要です。
子どもたちの身近に「活字」がありますか?

 デジタル時代は、「紙」の情報は不必要。ITでなんでも分かる、という人が増えました。
でも、誤った情報や誤解が増えて、社会に詐欺事件が横行するようになりました。

 日本人だから日本語が話せて、理解できるのは当たり前。特に学習に力を入れなくても、大丈夫。
そんな認識がありませんか。日常会話では、主語が無くても、互いに理解できます。しかし、大事な
会話になると、文章表現の日本語が必要になります。更には、日本語の構造として、主語と述語が
離れている、という特徴があります。文章を読む訓練をしないと、最後の述語を想像で補う、という
癖が身に付き、正しく文章を理解できなくなってしまいます。国語の成績が低い人には、こんな癖を
持っている人が多いのです。話べたという人の中には、主語を使って、正しく伝える訓練をしていない
人も多くいます。

 紙に書かれた文章は、人間の脳が文字として学習する機能がついています。5W1Hで文章を分解し、
それを、1つの文章に再構成する(要旨にまとめる)。この体験が、脳に蓄積されて、読解力が高まり
ます。

 日本語のトレーニングは、小学校時代に終えて、中学・高校ではAIに負けない論理的な読解力を
身に付けたいものです。自分の考えを伝える分かり易く、正確な日本語を学び、大人に必要なプレゼン
テーション力を身に付けた子どもに育てたいものです。

 「NISてんてんくらぶ」は、「新聞」を活用して日本語(国語)力を高める学習講座です。
新聞の論理的文章で、社会への好奇心を育み

、読解力・表現力を育てる日本初の学習講座です。

 日本新聞協会、2015年度「地域貢献大賞」に選ばれた、「Jr.記者クラブ」の新聞記者体験
教室に参加して、朝日新聞記者から原稿書きの指導も受けられます。「NISてんてんくらぶ」は
「新聞」に関連した様々な場面で、読解力・表現力・思考力を鍛えていく総合学習体験講座です。

 3月28日(日)Webで開催
 1 中学生講座説明会  11時~
 2 小学生講座説明会  13時~
 (申込先)tenten@asa-nis.com    [てんてん説明会参加」でお願いします。

|

« 2020年9月 | トップページ | 2021年4月 »