« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月18日 (日)

公開講座「中学生の意見文の書き方」での参加者の感想

 2021年4月18日(日)に意見文の書き方講座を、大坪先生を迎えてWebで実施しました。

 朝日新聞の紙面から「学び始める春 失敗を楽しむ」(山本貴光  文筆家・ゲーム作家)を
読んで、ワークシートを使いながら、文章内容の理解や参考になる著者の意見を確認しました。
その後、先生の指導の元、各人の失敗体験・新学期に向けての新しい挑戦・決意をワークシート
に記入して、自分の感想を整理し、作文を書きました。参加者は熱心に作文を書いていました。
 各自の作文は、後日、大坪先生に添削指導をしていただきます。

 (参加者からの声)
1 国語が苦手、理由としては作文が書けなかったから。これからは、作文が書けるようになった
   ので変わります。
 2 学校で意見文を書くことがあったけど、書き方を習わなかったので、きょうの体験で良くわかり
   ました。
 3 ワークシートで整理しながら作文を書いたので、楽しく書けた。
 4 作文を書く手順が、今日の体験学習で分かったので、受験に役立てたい。
 5 作文は自信が無かったけど、手順に沿って書けば、出来る事が分かった
   ので、しっかり身に付けたいと思います。

 主催側として、悩める中学生の応援ができたことをうれしく思いました。

|

2021年4月15日 (木)

作文力は小学生時代に身に付けましょう!

  2022年から高校の現代国語が変わります。論理国語の登場です。
 高度な読解力を鍛える学習が正規の授業として行われるようになり、
 子どもたちの学習負担も上がってきます。

  読解力・表現力の基本は、小中学生で身に付けた方が良いでしょう。
 その学習の中でも、作文力は、テーマを理解し、伝えたいことを整理
 して、読み手を考えながら文章を書いていく知的な作業ですから、
 そのような力は、急には身に付きません。

  適切な指導と練習で、自分の中に熟成された「考え」を表現する
  体験・経験の量が、作文力の源になります。作文力を鍛える機会を
 作って行くには保護者の後押しが必要です。

  「てんてんくらぶ」は、授業の経験と記者体験活動で作文力を
  向上させる学習会です。

  *「NISジュニア記者クラブ」のページをご覧ください。

|

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »