« 小学生のお子さんの国語力で悩んでいませんか? | トップページ | 新聞記者体験教室、再開します! »

2022年6月20日 (月)

低学年の子どもは、音読から始める!

 国語の苦手な子どもは、音読の練習から始めます。
本を読まない子は、文節や息継ぎが分かっていない。
 だから、音読で、息継ぎが出来るようになり、文節の
意味を理解して、読解力もついてきます。国語の辞書を
使って、意味を調べ、語彙力が付くと、読解力も上がります。
 てんてんくらぶでは、国語が嫌いな子は、①直接、教室
へ来ること ②音読練習に力を入れています。

 国語が出来ない子どもではなく、日本語の学習の仕方が分からない
子どもが居るだけなのです。未来の日本は、高度なデジタル社会に
なりますから、小学生の時代に、日本語で考え、語れる人に育てることが
大事になります。保護者方の背中の一押しで、子どもの未来が変わります。

 てんてんくらぶは、子どもの未来を拓く学習を実施しています。
子どもの可能性を信じ、作文と読解の学習へ目を向けましょう。

|

« 小学生のお子さんの国語力で悩んでいませんか? | トップページ | 新聞記者体験教室、再開します! »