スタッフより

2018年9月18日 (火)

宮古島に行って来ました。(配達リーダー 伊藤)

とにかく海の色がきれいで最高でした!
 15372434430751537243447582
宮古島警察署の前に立つ、宮古島まるこちゃんとまもるくん↓15372434264971537243416237

| | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

魔法のカードで楽しく書ける作文講座!!

こんにちはエヌ・アイ・エスの岩瀬です。

7月25日水曜日に中学生を対象とした作文の書き方講座が開かれました。

元中学校教員である齋藤裕子先生が文章を書くのが苦手な子でもスラスラ書けるようになる「小札(こざね)法」というテクニックを教えてくれました。

今回の講座は中学生のみとし、弊社では小学生を対象にしたイベントが多かったので、今回は初の試みでした。

「小札(こざね)法」はその名の通り、メモ用紙ぐらいの大きさの紙にテーマに沿って、思いついたことを好きに書き、それに対しての理由や体験を別の紙に書いて、段落ごとに並べることで、文章の構成を悩まずに書くことが出来る手法です。

今回の作文のテーマは「かけがえのないもの」でした。
90分と短い時間でしたが、参加した中学生達は原稿用紙の最後のマス目まで文章を書ききってました。

20180725_2

| | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

第2回例会ジュニア記者クラブ

こんにちはエヌ・アイ・エスの岩瀬です!!

7月24日火曜日2回目のジュニア記者クラブが開催されました。

今回は朝日新聞本社の見学です。
朝日新聞についてのビデオ映像を見たり、本社の中を見学しました。
夕刊が印刷される現場を見ることもできました。

本社の隣にある朝日学生新聞社も見学させていただきました。

2
Img_0083s_3 Mg_0069s_3 Img_0104s_2

| | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

ワーキングキッズアドベンチャーに参加しました!!

こんにちはエヌ・アイ・エスの岩瀬です。

7月21日に白井コミュニティセンターで小学生が職業体験が出来るイベントが開かれました。

地元の子どもたちに白井市内の企業の仕事を模擬体験してもらい、仕事を終えたら給料(模擬通貨)でお菓子と交換する本イベントに参加しました。

弊社では、記者とレポーターの体験を行ってもらいました。
他のブースの企業の方や職業体験を終えた子どもにインタビューをして原稿を書き、それをテレビカメラの前で読み上げて発表し、最後に会場にあるテレビモニターで流しました。

職業体験を終えた子どもや保護者の方、参加した企業の方にもインタビューを行い録音して、それを編集し弊社のブースでラジオ番組にして流すこともしました。
S955 S4563_2 S_4641
S4649_2 Sradio4570

| | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

朝小活用教室!!

こんにちは、新入社員の岩瀬です。

本日、7月15日にエヌ・アイ・エス白井事業所で朝日小学生新聞を使ったおもしろい講座が開かれました。

新聞を毎日読む子は学力が高い。そのような結果が文科省の調査で明らかとなり、当社では、新聞を使った学習教室てんてんくらぶを行っていますが、今回の講座は、それと同じように朝日学生新聞社から中澤和幸氏が新聞のおもしろさを伝えるためにお越しいただきました。

内容は、朝日新聞の記事の読み方、朝日小学生新聞の書き写しや記事を切り取って感想などを書き入れるスクラップを行いました。
Img_4410s

|

2017年4月28日 (金)

これからてんてんくらぶでお世話になります、六川です!

もうてんてんでお会いした方もいるかもしれませんが、改めまして六川洋平と言います!

ロクガワ ヨウヘイと読みます。珍しい苗字だなと思われるかもしれませんね。確かにほとんどない苗字なんです。

長野の佐久市出身なんですが、佐久市と上田市くらいにしかありません。上田市と言えば大河ドラマで有名になった上田城があります。佐久市はバルーンや鯉で有名なんですが、他にも高校駅伝の強豪校である佐久長聖高校があったり、よくアニメやどらまの舞台になる佐久平駅なんかがあります。

私個人のことを少しお話しします。

駒沢大学で文学部国文学科を卒業して長野で2年間働いていました。しかし、興味があった物書きのお仕事に携わりたいという思いが捨てきれず、エヌ・アイ・エスに入社しました。そして、てんてんくらぶを坂上さんと盛り上げていくことになりました!

わからないことだらけですが、皆様にご指摘いただきながら、少しでもお客様のお役に立てるように頑張ります!

是非、てんてんくらぶともどもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

みなさんはお花見に行きましたか?

白井はとても桜のスポットが多いです!清水口小学校の通りや七次台、桜台近辺の桜など、遠くに出向かなくてもお花見が沢山あります。今年ゆっくりお花見ができなかった方、来年はぜひお近くで桜を楽しんでみてください♪
Img_0334
↑桜台小学校近辺の桜(4/10)

Img_0355
↑桜台小学校前通り(4/10)

1492241410035
↑吉高の大桜(4/15) 撮影:写真クラブの森山光男さん

|

2015年9月29日 (火)

語彙読解力検定を受けませんか?(坂上)

こんにちは!
エヌ・アイ・エスのほおじろ派遣記者坂上です!

皆さま語彙読解力検定というものをご存知ですか?

簡単に述べますと「社会で活躍するために必要な ことばの力」を測定するものです。

ポイントは三つ。

1.辞書語彙 社会とつながるための基盤
文章や会話を理解し、的確に表現するために必要な語句の知識語彙運用力を確認。


2.新聞語彙 社会への視野を広げる知識
社会への視野を広げ、世の中の動きをとらえるために必要な語彙や知識を確認。

3.読解 社会を読み解くスキル
現代社会で起きている事象を正しく理解するスキルを確認。

・データを正しく理解し、課題解決に役立てる力。
・他者の発信する文章を論理的に読み解く力。
・情報の特徴や論理的関係性を見抜く力。
・現代社会で必要な読解力を次の3分野で確認。

以上、三点のスキルや知識を測定。そして磨くことができます。

もちろん学校の入試や就職活動にも役立ちます!
以下のアドレスからは全国の大学で「語彙読解力検定」の資格を審査基準の一つにしている学校を調べることができます!
その数なんと、365校! ※2015年5月時点

http://www.goi-dokkai.jp/merit/evaluation/university.html


「ことばの力」というものは、何歳になっても必要な力ですし、何歳からでもあった方が困らない力です。

ぜひ皆さんも『語彙読解力検定』に挑戦してみませんか?
http://www.goi-dokkai.jp/ ←トップページはこちら!


以上、語彙読解力検定のご紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

坂上:9月27日にてんてんくらぶ説明会を開きます&てんてんくらぶについて

こんにちは!
エヌ・アイ・エスの坂上です!

9月27日にてんてんくらぶ説明会というものを開きます!

そもそも『てんてんくらぶ』とはなんぞや??
という方も多いと思いますので、簡単にご説明します。
※ホームページもあるよ! → http://asa-nis.com/tenten/


昨今の学生は読む力、考える力というものが低下してきていると言われています。

さらにそこに2020年から大学の受験がマークシート式から『記述式』に変わるという話が出てきました。
選択問題がなくなって、自分の考えで答えを導く問題が増えるということですね。
※気になった方は、『2020年 受験』という検索ワードで検索してみてください。


大学の受験が変わるとなると、高校、中学、小学校と、そちらの受験形式も大きく変わる可能性が出てきます。

全ては文部科学省の取り組みらしく、『自分で情報を探し、その情報を自分の考えで活用できる人材を育成していきたい』とのこと。

今の世の中の授業方針だと、問題とその答えをひたすら解いて暗記するという方法が、やはりまだまだ多いです。

その方法で授業を行っていってしまうと、たとえば以下のような問題にぶつかってしまったときに四苦八苦することになります。

――――――――――

問1(社会).現総理大臣が通そうとしている法案について、決議された際の考えうるメリットとデメリット、さらにその法律は世の中をどう変えていってしまうのか。自分の考えを書きなさい。


問2(国語).著者:夏目漱石の『こころ』。その主人公である『私』が『先生』に対して抱いた感情の変化と機微と、そしてなぜ『私』は『先生』に対してそのような感情を抱いたのか。自分の考えで書きなさい。

――――――――――

上記のような問題は、今までもテストに一問か二問ほど出題されていたかと思います。
ただ今後は、このような問題の難易度が上がったり、数が増える未来が予想されるというのが今の見解です。


そこで、新聞の書き写しをして感想文を書くという学習で、基礎学力を身につけてほしいというのが『てんてんくらぶ』というものになります。


1.自ら興味のある記事(情報)を探し出して、
2.内容を読み込み
3.感じたこと、思ったこと。自分の考えを感想文で書く。

まさに、今後の学習方針に沿った形となっています。


また、『てんてんくらぶ』のミソはその名前にあります。

てんてんくらぶは、
1.「天声人語」のてん
2.「てんさく」のてん

の掛け合わせから生まれた名前です。

『てんてんくらぶ』では、約20年間塾講師を務め、今では塾長を務めている『大坪義明』先生からの添削を受けることができます。

感想文の内容や書き写しの誤字脱字など、丁寧的確かつ親切に添削してくれますので、お子様も喜ぶこと間違いなしです。


9月27日は、そんな『てんてんくらぶ』の詳しい内容や、体験型学習『一日記者体験』などについての説明をさせていただきたいと思っています!
もし興味がある方はいつでも下記からご連絡をいただければ幸いです。

てんてんくらぶ専用アドレス:tenten@asa-nis.com
または
坂上個人のアドレス:asayakezora1@yahoo.co.jp

もちろん9月27日を過ぎても大丈夫です!
簡単な質問などでもお気軽にいつでもご連絡ください。

坂上亮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

初めまして!エヌ・アイ・エスの坂上です!

51


『ほおじろの派遣記者』として、『てんてんくらぶ』のスタッフとして、これからエヌ・アイ・エスで活動していく 坂上 亮と申します!
これから『スタッフのブログ』を通して、私の日々のお仕事で感じたこと、驚いたこと、嬉しかったことなどを掲載していきます。

それに合わせて、『会社主催のイベント』『会社のサービス』などを皆様にご紹介できればと思います。

またエヌ・アイ・エスで働くスタッフの皆さんのご紹介も! しちゃいます!!
今月は「直井さん」を紹介しますよー!

スタッフの自然な姿を見て、それを紹介してほしいと仰せつかっておりますので、
毎日じぃ...っくりと、取材対象を観察しております。


『白井の皆様に、ほんの少しでもエヌ・アイ・エスを好きになってもらえるように』 そんな想いを胸に、これから会社のことを掲載していきたいと思います。

できる限り、「面白く!」「読みやすく!」をモットーに記事を掲載していきますので、気軽に楽しく読んでいただければと思います♪

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧